FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:日本における外国送金の進展 (公開:2019年5月)

発行年月2019/12
価格(税込)

教育機関向け価格:1,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 「日本における外国送金の進展」
  調査部 国際業務室 主任研究員 大田 昌平(平成31年3月離任)
   調査部 国際業務室 兼 企画部 研究員 高木 伸也

 新たな外国人材の受入れに関する在留資格の創設などを受けて、今後、本邦に居住する外国人が
増加することが見込まれています。政府は、総合的対応策において金融機関に対し
金融サービスの利便性の向上を促すことを掲げており、金融機関は、口座開設など生活に密着した
サービスなどを中心に外国人向けサービスの改善が求められています。本レポートでは、
銀行以外を含むさまざまな外国送金サービスについて、在留外国人の視点から現状を整理し考察し
ます。

※この調査研究レポートは、2019年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする