FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

海外レポート

R:金融機関等におけるデータの利活用に関する取組み動向(欧米編) (公開:2019年6月)

発行年月2019/12
価格(税込)

教育機関向け価格:2,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 『金融機関等におけるデータの利活用に関する取組み動向(欧米編)』
   金融情報システムセンター委託調査 グローバルリサーチ研究所 代表 青木 武

 金融分野におけるイノベーションには,これまで眠っていたデータを利用したり,新しい方
法で活用することにより,新たなサービスを開発したものが多く存在する 。その背景として,
米国では,データ・ブローカーと称する個人データを売買する業者が存在し,個人データが幅
広く利用されていることが挙げられる。そのため,金融機関等でのデータ利活用の積極な取組
みがみられる。

※この調査研究レポートは、2019年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする