FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:金融機関等におけるデータの利活用に関する取組み動向(国内編) (公開:2019年6月)

発行年月2019/12
価格(税込)

教育機関向け価格:1,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 『金融機関等におけるデータの利活用に関する取組み動向(国内編)』
   調査部 総括主任研究員 本城 剛
   調査部 総括主任研究員 浅倉 修
   調査部 研究員 小林 聖典

 当センターが実施した『平成30年度金融機関アンケート調査結果』によると金融機関に
おけるビッグ データの活用状況については,「社内で発生するビッグデータ」への取組みの割
合が約43%と最も高いことが分かる。また,マーケティングなどへの利活用による収益機会の
拡大など「営業活動への活用」の割合が90%を超え,金融機関そのものの事業戦略に直結する
案件に活用する先が増えつつあることがわかる。

※この調査研究レポートは、2019年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする