FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:金融機関等における情報銀行への取り組みに関する安全対策上の留意点 ―現時点で見られる実証実験の動向等を踏まえた考察― (公開:2019年7月)

発行年月2019/12
価格(税込)

教育機関向け価格:1,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 ■金融機関等 における 情報銀行への取り組み に関する 安全対策上の 留意点
  ―現時点で見られる実証実験の動向等を踏まえた考察―

  企画部 総括主任研究員 高根 宏之
  企画部 主任研究員 岡崎 史寛
  企画部 研究員 村山 高博

 わが国では、現在データの流通・利活用に向けた制度整備が行われており、すでにいくつかの金融
機関は情報銀行に関わる実証実験を進めている。今後金融機関は、情報銀行に主体的あるいは間接
的に関わる場合など、様々なケースにおいてリスクの所在を踏まえた安全対策の検討を深める必要
がある。本稿では、金融機関が情報銀行に関わる際、現時点で考え得る安全対策上の留意点等につ
いて考察した。

※この調査研究レポートは、2019年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする