FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

白書

令和2年版 金融情報システム白書

発行年月2020/01
価格(税込)

教育機関向け価格:3,960円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

本書は、金融情報システムの現状及び課題について、ここ1年の最新の動向を盛り込むとともに、網羅的に記述し、併せて関連統計・資料も多数掲載しております。
 関連業務に携わる方々はもとより、金融業務全般に関心ある方々も、是非ご活用いただきますようご案内申し上げます。
 なお、CD-ROMには『令和2年度版 金融情報システム白書』の本文、資料編を収録し、CD-ROMならではの機能として、キーワード検索、全文検索機能を備えてありますので、ご活用願います。
 本書のご購入を希望される場合、ホームページ「刊行物のお申込み」をご参照いただきご注文ください。また、全国の書店にてもご予約によりご購入可能です。

<『令和2年版 金融情報システム白書』構成>
1.本文
 第1編  金融情報システムの最近の動向
   第1章 金融情報システムを巡る環境
 第2編  金融情報システムの健全な発展のための取組み
   第1章 金融情報システムを巡る法制・行政の現状
   第2章 リスク管理
   第3章 安全対策
   第4章 システム監査
   第5章 標準化と金融業務
 第3編  金融情報システムの概要
   第1章 個別金融機関等のシステム
   第2章 少額決済
   第3章 金融機関等相互のネットワーク
   第4章 通信サービス・情報処理技術分野
2.資料編  金融情報システム関連統計・資料
3.FISCの概況