FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:金融機関等におけるセキュリティ診断の取組み動向 (公開:2018年6月)

発行年月2019/12
価格(税込)

一般価格:2,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 サイバー攻撃が、日々、巧妙化・高度化し、金融機関等はサイバー攻撃対応態勢の強化に向け取り組む中で、
金融庁やSWIFTなどの関係機関がセキュリティコントロールのひとつとして脆弱性診断や侵入検査を推奨しています。
 金融機関等が脆弱性診断や侵入検査等を活用することにより、セキュリティ水準の定期的な評価を実施し、
セキュリティ対策の向上を図り、委託先を含めた関係者全体のセキュリティ意識を底上げする取組みがみられます。
本レポートでは、巧妙化・高度化するサイバー脅威に対する国内外の動き、
わが国金融機関等におけるセキュリティ診断に関する取組み事例及びその効果や課題等を紹介します。

※この調査研究レポートは、2018年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする