FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

海外レポート

R:海外にみる銀行の店舗業務見直しとFinTech戦略 ―オランダとスペインの事例より―(公開:2019年12月)

発行年月2020/03
価格(税込)

一般価格:4,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■海外にみる銀行の店舗業務見直しとFinTech戦略 ―オランダとスペインの事例より―

 調査部 国際業務室長 片山 謙

  デジタライゼーションの進展により、地域の垣根が下がり、消費者の
 選択肢は拡がりました。とりわけ、モバイル金融サービスの発展により、
 支店の役割は大きく変わりつつあります。
  本レポートでは、母国オランダ市場の支店網を大胆に改革しつつ、
 他の欧州諸国にダイレクト専業銀行で攻勢を強めるING Bank、支店エリア
 に限らず顧客密着型の施策を導入するSNS Bank、そして、スペインで地域
 密着型の貯蓄銀行を源流に持ちつつ、支店網の改革とミレニアム層に
 フォーカスした別ブランドを立ち上げたCaixabankの事例を紹介します。

※この調査研究レポートは、2019年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする