メニューを飛ばして本文へ

リンクサイトマップEnglish

刊行物詳細

ホーム > 刊行物一覧 > 刊行物詳細

 一覧に戻る  |   ジャンル内の詳細を全て表示  |   ご購入はこちら

■ ジャンル:システム監査

刊行物タイトル 金融機関等のシステム監査指針(改訂第3版)
発行年月 2014/03
価格(税込)  一般価格 \10,500
概  要

 『金融機関等のシステム監査指針』は、昭和62年7月に金融機関等のシステム監査導入と推進のための手引きとして発刊しています。『金融機関等のシステム監査指針(第3版)』発刊以降、『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書』、及び『金融機関等におけるコンティンジェンシープラン策定のための手引書』において、多岐にわたる内容が改訂されていることから、この度、これらの改訂内容を本指針における監査のチェックポイントとして取り込むことを中心に改訂を行い、『金融機関等のシステム監査指針 (改訂第3版)』として発刊することといたしました。
 『金融機関等のシステム監査指針』の全体構成は、エグゼクティブサマリー、第1部フレームワーク、第2部チェックポイント集からなっています。
 エグゼクティブサマリーでは、システム監査の目的や必要性のほか、システム監査に対する経営者のコミットメントの意義を経営者向けに要約しています。
 第1部では、システム監査とは何かを理解するための考え方、システム監査の基本的な実施手順を記載するとともに、金融機関等の情報システムを12の対象領域へ区分し、システム監査を実施するうえでのポイントを概説しています。
 第2部では、第1部において区分された12の対象領域をシステム監査の要点項目とし、さらに大項目、小項目に区分しています。各小項目には、監査項目毎に想定される「リスク」とこれに対する「コントロール」を記述し、金融機関等における情報システムリスクのコントロール状況を把握するための参考として「チェックポイント」を列挙しています。

※当センター会員につきましては、機関誌購読部数と同数分を、機関誌送付窓口宛に贈呈させていただきました。追加分は有料となりますのでFISCホームページにてご購入願います。

ページトップへ