メニューを飛ばして本文へ

リンクサイトマップEnglish

沿革

ホーム > FISCのご紹介 > 沿革

昭和59年 11月 FISC設立
昭和60年 3月 機関誌『金融情報システム』創刊(その後月刊から季刊に変え、現在に至る)
10月 設立1周年記念講演会開催(その後何回か名称を変え、FISC講演会として現在に至る)
12月 『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準』刊行
昭和61年 12月 『金融情報システム白書』創刊(現在に至る)
昭和62年 3月 『金融機関等における個人データ保護のための取扱指針』刊行
7月 『金融機関等のシステム監査指針』刊行
10月 システム監査セミナー開始(現在に至る)
12月 FISCを事務局とする任意団体としてシステム監査普及連絡協議会設置(現在に至る)
昭和63年 7月 セキュリティシンポジウム開催(その後セキュリティセミナーと名称を変え、現在に至る)
平成  3年 9月 地域金融機関EB研究会設置(その後地域金融機関IT研究会と名称を変え、現在に至る)
平成  6年 1月 『金融機関等におけるコンティンジェンシープラン策定のための手引書』刊行
平成11年 1月 『金融機関等におけるセキュリティポリシー策定のための手引書』刊行
平成16年 10月 『金融機関等コンピュータシステムのFISCガイドライン検索システム』作成
平成18年 12月 政府情報セキュリティ政策会議、FISCの3ガイドラインを金融部門における安全基準等として確認
平成20年 3月 安全対策セミナー開催(その後安全対策基礎セミナーと名称を変え、現在に至る)
6月 『金融機関等のシステムリスク管理入門』刊行
平成21年 11月 『25年史』刊行
平成23年 4月 財団法人から公益財団法人へ移行

ページトップへ