メニューを飛ばして本文へ

リンクサイトマップEnglish

刊行物・セミナー等

ホーム > FISCのご紹介 > 刊行物・セミナー等

2017/06/30 現在

当センターは、活動の一環として各種の刊行物発刊やセミナー開催を行っています。

1.刊行物

当センターでは様々な刊行物を発刊しています。ご購入ご希望の方は、「ご購入・お申込」からお手続きしてください。代表例を以下に掲載いたします。

  • 『金融情報システム白書』(年報)・・・内外の金融情報システムの現状を概説。
  • 『金融情報システム』(年2回)・・・調査研究成果を取りまとめた論文集。
  • 『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書』・・・金融情報システムの安全性確保のための自主基準。
  • 『ガイドライン検索システム』・・・パソコン上でシステム監査指針、安全対策基準、金融庁検査マニュアル等の関連性を簡単に参照・検索・出力できるシステム。

会員の方には、『金融情報システム』(年2回)と、『金融情報システムエグゼクティブサマリー』をお送りします。
また、各種の研究会報告書等、当センターの刊行物を会員価格でもご購入いただけます。


2.セミナー

当センターでは、以下のセミナーを開催しています。

  • 『地区別セミナー』・・・『金融情報システム』に掲載したテーマを中心に説明いたします。
  • 『FISCセミナー』・・・IT部門の実務者を対象に、金融行政やITの最新動向を取り上げます。
  • 『安全対策基礎セミナー』・・・安全対策基準の基礎的知識習得に向け、わかりやすく説明いたします。
  • 『新任システム担当者セミナー』・・・金融機関のIT部門新任担当者に必要な基礎的テーマを説明いたします。
  • 『エグゼクティブセミナー』・・・経営視点のIT活用戦略やITガバナンス等のテーマを説明いたします。
  • 『システム監査セミナー』・・・システム監査の実務習得を目指すものです。
  • 『FISC講演会』・・・有識者の方を講師に迎え、行政・ITのテーマを中心に取り上げます。

会員の方には訪問サービス(当センター職員が調査研究成果を解説)を実施しております。

会員の方にはホームページにおいて会員専用ページを提供しております。会員ページでは『金融情報システム』掲載調査レポートをPDFでダウンロードできます。

ページトップへ