FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

コンティンジェンシープラン

金融機関等におけるコンティンジェンシープラン策定のための手引書(第3版)

発行年月2006/03
価格(税込)

教育機関向け価格:2,500円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 金融機関におけるコンピュータシステムの安全対策は、これまでも万全を期して実施されてきていますが、阪神・淡路大震災や海外における爆弾テロ事件等の大規模な自然災害や不慮の事故等といった不測の事態が発生した場合にも、業務の継続を図る手段を講じておく必要があります。そのためには、あらかじめコンティンジェンシープラン(災害時の緊急時対応計画)を策定しておくことが必要です。本書は、各金融機関等がコンティンジェンシープランを作成する際の手引書としてまとめたものです。

 今回の改訂では、中央防災会議の内容や新潟県中越地震における金融機関等の対応事例の反映、教育・訓練及び維持管理等の充実、自然災害以外のリスク対応等について見直しを行い、文書構成を含めて全面改訂をいたしました。

 各金融機関等においてコンティンジェンシープランを新たに策定、または見直し等を行う際の参考として広くお役立ていただけるものと確信しております。