FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

外為EDI

外為EDI研究会(第3部)報告書

発行年月2002/04
価格(税込)

教育機関向け価格:2,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 本報告書は、平成13年度に開催された「外為EDI研究会(第3部)」における研究の成果を取りまとめたものです。平成11年度の「第1部」以来、本研究会は「クロスボーダーの金融取引」と「電子的なデータ処理」の両者が関わる幅広いテーマに取り組んできました。今次「第3部」研究会においては、(1)外為対顧客取引におけるインターネットの利用(FX Marketplace)、(2)「グローバル・キャッシュ・マネジメント」をはじめとするクロスボーダーの金融サービス、(3)CLSを巡る最新の動向の3つのテーマを取り上げました。

 今次研究会においても、銀行の外為業務の実務家、金融機関にシステムやネットワークを提供しているベンダーの専門家、学識経験者などの参加を得て、毎回中身の濃い報告・議論が行われました。本報告書が、外為取引やクロスボーダーの決済に関心のある金融関係者、情報通信関係者などに広く活用していただければ幸いです。