FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

地域金融機関IT研究会

地域金融機関EB研究会報告書「地域金融機関における新しいデリバリーチャネルへの対応」

発行年月2000/08
価格(税込)

教育機関向け価格:2,500円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 金融機関においては、近年の通信・情報処理技術のめざましい発展にともない多様なデリバリーチャネルが導入されつつあります。また、それにより、従来型の取引形態である営業店窓口や渉外活動のあり方も変化しつつあります。

 そこで、当研究会では地域金融機関において新しいデリバリーチャネルは何をねらいとして導入されどのように運用されているのか、利用状況はどうか、どのような効果・問題点があったかについて、調査・研究してまいりました。

 調査方法として、今回は各地域金融機関のデリバリーチャネル導入についての現状や考え方等を整理するため、全国の地域金融機関約126機関にアンケート調査を、またそのうち25機関の担当部署に対してヒアリング調査を実施しました。

 本報告書は、これら調査結果をまとめたものです。アンケート・ヒアリング調査を中心とした内容となっており、皆様が今後新しいデリバリーチャネルに対応する上で参考にしていただければ幸いです。