FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:クラウドが求められる背景,現状と課題 ~FISC金融機関アンケート調査結果から~ 月刊「金融ジャーナル」2020年2月号から転載(公開:2020年3月)

発行年月2020/06
価格(税込)

教育機関向け価格:1,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■クラウドが求められる背景,現状と課題 ~FISC金融機関アンケート調査結果から~
月刊「金融ジャーナル」2020年2月号から転載
 調査部  部長 岡田 拓也

わが国の金融機関の情報システムは,技術・サービスの急速な展開により,新たな局面を
迎えている。金融機関では,電子メール等にはじまり,最重要の基幹系システムをクラウド
で構築する動きがみられている。
本稿では,金融機関のクラウド利用状況を整理するとともに,金融機関が採用している,
クラウドサービスの管理基準を紹介する。
なお,本稿は月刊「金融ジャーナル」2020年2月号の銀行クラウド特集における記事である。

※この調査研究レポートは、2020年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする