FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:金融機関におけるATMの運営効率化・価値向上化に関する取組み動向(公開:2020年4月)

発行年月2020/07
価格(税込)

教育機関向け価格:1,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■金融機関におけるATMの運営効率化・価値向上化に関する取組み動向
 調査部 主任研究員 磯部 研一
 調査部 主任研究員 鈴木 恒喜
 調査部 研究員   高野 宗昌

金融機関の窓口に代わる重要な顧客接点チャネルとしてATMの有用性は依然として高い。
もっとも,キャッシュレス決済の推進によりATMの利用機会が低下しているなか,
新硬貨・紙幣の発行への対応に伴う新たなコスト負担が見込まれている。
本レポートでは,わが国におけるATMの利用動向を概観するとともに,
金融機関やATMベンダーなどにおける具体的なATMの運営効率化・価値向上化の取組み
事例を紹介し,ATM戦略策定のポイントについて解説する。

※この調査研究レポートは、2020年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする