FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

海外レポート

R:海外の非伝統的な「口座」サービスの整備動向 -給与支払い手段としての比較-(公開:2020年5月)

発行年月2020/08
価格(税込)

教育機関向け価格:2,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■海外の非伝統的な「口座」サービスの整備動向 -給与支払い手段としての比較-
 調査部 国際業務室長        片山 謙
 調査部 国際業務室兼企画部 研究員 高木 伸也
 調査部 次長            岩瀬 幸介(2020年3月離任)

 わが国では、労働者への給与 (賃金) 支払い手段として、これまで現金
もしくは銀行等の口座への振込に限定されてきたが、資金移動業者の口座
を選択肢に加えることが検討されている。
そこで、本レポートでは、非伝統的な「口座」の整備で先行する、米国や
フィリピン、インドネシア、英国の事例について、普及状況や消費者保護
策等の観点から比較分析する。

※この調査研究レポートは、2020年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする