FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

機関誌

機関誌『金融情報システム』令和2年

発行年月2021/03
価格(税込)

教育機関向け価格:3,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

本書は、「金融情報システム」に係わる国内外の最新動向や課題等について、調査・研究したレポート1年分の主なものをまとめた論文集です。
関連業務に携わる方々はもとより、金融業務全般に関心ある方々も、是非ご活用いただきますようご案内申し上げます。

<掲載記事>
・金融機関等におけるIT人材の確保・育成施 策の取組み事例(参考事例集3)
・欧州におけるオープン API を活用した 銀行ビジネスモデルの変革
・中小金融機関におけるサイバーセキュリティに 関するリスク評価の取組み
・金融機関等に利用可能な認証高度化技術
・金融機関における ATM の運営効率化・価値向上化に関する取組み動向
・AI 民主化の動向と取組み
・海外の非伝統的な「口座」サービスの整備動向 -給与支払い手段としての比較-
・金融機関等におけるサイバーレジリエンス強化 に向けた取組み動向
・新型コロナウイルス感染症に対する金融機関等の業務 継続取組み(その1)
・FinTech に関連する国内外の法規制等について ~この 1 年の動きを中心に~
・新型コロナウイルス感染症に対する金融機関等の業務 継続取組み(その2)
・金融機関等におけるAI活用のための人材の確保・育成について