FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

地域金融機関IT研究会

地域金融機関IT研究会報告書「法人取引高度化に向けたIT活用」

発行年月2012/09
価格(税込)

一般価格:4,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 地域金融機関IT研究会では、平成23年10月より、「法人取引高度化に向けたIT活用」をテーマに調査・研究や討議を行ってきましたが、このほどその成果をとり纏め、報告書として刊行いたしました。

 この研究会は、地方銀行、第二地方銀行協会加盟行、信用金庫、信用組合、農林中央金庫の関係者をメンバーとし、当センターの調査部が事務局となって、地域金融機関における金融情報システムの構築や運営状況を調査・分析し、共通する諸課題などについて検討を行う場であります。研究テーマに即して、有識者に講演をしていただくほか、研究会メンバーが国内外の事例を調査・研究し、意見交換を行います。

 今回の研究会では、法人取引高度化に向けたIT活用をテーマとして取り上げました。地域金融機関では、従来から、取引先の企業に対するコンサルティング機能の充実に取り組んできましたが、地域企業を取り巻く環境が一段と厳しさを増す中で、こうした機能の一段の向上を期待する声が根強くあります。また、近年の取引先企業活動のグローバル化、あるいは企業の販売・調達先拡充等の動きを踏まえ金融機関としては、従来の貸出中心の対応にとどまらない幅広いサポートが求められるようになってきています。このように取引先ニーズが深化する中で、金融機関のITインフラについても、これまでに収集・蓄積してきた情報のより効果的な活用という観点で、どのような対応が考えられるかについて改めて検討していく必要があると思われます。

 こうした問題意識に基づき、講演会では幅広い関係者から、法人取引に関する現状や課題、解決にむけた考え方などをご紹介いただくとともに、各業態の金融機関にもヒアリング調査を行わせていただきました。報告書では、これらを纏めるとともに、研究会メンバーが地域金融機関における課題と認識した諸点に言及しております。

<本報告書の構成> 

第I章 はじめに

 1 本テーマの目的

 2 活動概要

第II章 地域企業の現状

 1 競争・マーケティング環境の変化

 2 資金需要の低迷

 3 新たな事業制約要因の顕現化

第III章 地域金融機関が直面している課題

 1 コンサルティング機能強化

 2 地域企業の海外進出(グローバル化)への支援

第IV章 IT面からみた解決策の方向性

 1 コンサルティング機能強化とIT

 2 トランザクションバンキングを巡る動きとIT

第V章 地域金融機関における取組み事例

第VI章 おわりにかえて

付録  講演録集