FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

地域金融機関IT研究会

地域金融機関EB研究会報告書「地域金融機関におけるCRM」

発行年月2002/07
価格(税込)

一般価格:5,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 昨今、CRM(Customer Relationship Management:顧客情報管理)が金融機関等の経営戦略策定にあたって注目を集めております。CRMとは、顧客に関する様々な情報を最大限に活かしそれぞれのニーズに適した商品・サービスを提供することにより、顧客満足度を高め、その関係を強化する中で収益力向上を目指す、顧客中心主義の経営概念といえます。

 本研究会では「地域金融機関におけるCRM」と題し、特にリテール業務におけるCRMの活用に焦点を絞り、実際の活用事例を参考にしながら地域金融機関におけるCRM導入の方法や留意点等を調査、検討してまいりました。

 このほど、調査結果を報告書として取りまとめ、発刊いたしましたのでご案内いたします。本報告書が会員の皆様にとりまして、今後CRMの導入を検討される際の参考になれば幸いに存じます。

【主要内容】

第1章 はじめに

第2章 CRMの概要

 1 CRMの定義

 2 CRMの誕生と導入の背景

 3 CRM実践へのアプローチ

 4 金融機関におけるCRMの必要性

第3章 地域金融機関におけるCRMへの取組み

 1 地域金融機関を取巻く環境

 2 地域金融機関におけるCRMの重要性

 3 地域金融機関におけるCRM取組事例

 4 地域金融機関のCRM実践における特徴

第4章 本研究会のまとめにかえて

講演録集