FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

個人データ保護

金融機関等における個人データ保護のための取扱指針(改正版)

発行年月1999/04
価格(税込)

一般価格:1,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、別価格でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

 最近におけるコンピュータの高性能化やインターネットなどのオープンネットワークの急速な発展は、電子商取引や情報交換を世界的な規模で行うことを可能としています。このような状況のもとでは、消費者の利便性が高まる一方、プライバシー侵害の懸念を指摘する声が強まっております。また、欧米諸国においては欧州連合(EU)の「個人データ保護指令」が実施されるなど、個人データ保護強化の動きがみられます。

 当センターでは、以上のような国内外の情勢にかんがみ、このほど「金融機関等における個人データ保護のための取扱指針」の改正を実施いたしました。本指針の改正は、個人データ保護専門委員会(座長:堀部政男 中央大学教授)において審議され、取りまとめられたものです。

 各金融機関等におかれましては、個人データ保護を適切に実施し得る体制作りのための必携書として是非ご活用下さい。

 ※当刊行物の全内容は、下記「〔新版〕金融機関等における個人データ保護ハンドブック」に包含されております。