FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:金融機関等におけるデータ利活用の高度化(公開:2021年6月)

発行年月2021/09
価格(税込)

一般価格:2,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■金融機関等におけるデータ利活用の高度化

 調査部 参事役 兼 国際業務室長 片山 謙(2021年4月離任)
 調査部 次長           菊地 達也
 調査部 総括主任研究員      豊島 明
 調査部 主任研究員        坂口 雄(2021年3月離任)
 調査部 研究員          清水 星次

 金融機関では、各部署に分散した「データ」を組織横断的に管理・蓄積
 し、経営判断に活用する等、新たな付加価値の創出に取組んでいます。
 また、対面での顧客接点の減少により、マーケティング分野におけるデ
 ータ利活用の必要性が高まっています。本調査では経営判断、内部統制
 でデータを利活用し、データ分析態勢や人材育成環境の構築に取組んだ
 金融機関の事例と、金融機関においてマーケティング分野で活用可能な
 外部プラットフォーム技術を取り上げ、データ利活用におけるポイント
 を解説します。

※この調査研究レポートは、2021年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする