FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:金融機関等におけるサイバーレジリエンス強化に向けた取組み動向(公開:2020年7月)

発行年月2020/10
価格(税込)

教育機関向け価格:1,000円

教育機関以外の方は、別料金でのご提供となります。一般の方向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■金融機関等におけるサイバーレジリエンス強化に向けた取組み動向
 監査安全部サイバーセキュリティ対策室 参事役 栗田 学 
 監査安全部サイバーセキュリティ対策室 室長 井上 直樹 
 監査安全部サイバーセキュリティ対策室 研究員 清水 優 
 監査安全部サイバーセキュリティ対策室 総括主任研究員 浅倉 修(2020年3月離任) 
 監査安全部サイバーセキュリティ対策室 主任研究員 河本 英人(2020年3月離任) 
 監査安全部サイバーセキュリティ対策室 研究員 光永 大晃(2020年3月離任)

 サイバー攻撃が高度化、巧妙化するなか、金融業界はデジタライゼーションが
進展し、新たなビジネス領域の拡大や事業継続には、セキュリティ脅威への
適応力や回復力、いわゆる「サイバーレジリエンス」が不可欠となっています。
本レポートでは、整備した対応態勢の実効性の向上、サイバーレジリエンスの
強化の観点から、金融機関等の取組みを紹介するとともに、調査結果に基づき
サイバーレジリエンス強化に向けた留意点を考察します。

※この調査研究レポートは、2020年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする