FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:RPA との向き合い方 ~効果・課題・工夫の観点から~(公開:2022年2月)

発行年月2022/06
価格(税込)

一般価格:2,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■RPA との向き合い方 ~効果・課題・工夫の観点から~

 調査部         次長      菊地 達也
 調査部         総括主任研究員 豊島 明
 調査部         主任研究員   上野 浩信
 調査部         主任研究員   北村 道大

 近年、さまざまな金融機関において、RPARobotic Process Automation)の導入が進んでいます。RPAは、定型業務の自動化など、 業務効率を高め、生産性の向上を図るうえで有用なツールとされている一方、利用先からは「実効性の維持等を図るうえで、どのような工夫や対策を講じればよいか」、 との声も聞かれるところです。本調査では、RPA導入後、一定の効果を上げている金融機関の取組事例を手がかりに、当センターが20202月に発刊した 『RPA導入にあたっての解説書』で列記した課題などを踏まえた形で、効果を継続的に享受するためのアプローチについてご説明します。

※この調査研究レポートは、2022年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。



 

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする