FISC 金融情報システムセンター

刊行物詳細

国内レポート

R:地域金融機関における アンチ・マネー・ローンダリング等の態勢整備に関する現状と課題 ~IT システムの活用の視点から~(公開:2022年4月)

発行年月2022/07
価格(税込)

一般価格:2,000円

教育機関の方は、別料金でのご提供となります。教育機関向けのご案内をご確認下さい。

会員の方には、無料でのご提供となります。詳細は、会員専用ページにログインのうえ、刊行物ページをご確認下さい。

概要

■地域金融機関における アンチ・マネー・ローンダリング等の態勢整備に関する現状と課題 ~IT システムの活用の視点から~(参考事例集4)

 

調査部 次長 豊島 明
調査部 総括主任研究員 小林 孝明


アンチ・マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策を巡っては、

FATF(金融活動作業部会)が、2021年8月、第4次対日相互審査報告書を公表し、

また、わが国金融機関は、金融庁の要請のもと、

2024年3月末までに、当該対策に係る所定の態勢を整備することとされています。

本レポートでは、地域金融機関におけるマネロン態勢整備の検討状況について、

特に「ITシステムの活用」の視点から、取材情報をもとに課題等を整理し、

これを踏まえ、今後の取組上の留意点をお示しします。

※この調査研究レポートは、2022年にFISCホームページ(会員限定)公開された同名のレポートと同様のレポートになります。



 

ご購入後ID/PWをお持ちの方はこちらからダウンロードできます。

ダウンロードする